笠松競馬で馬が走る演習|カナコロ

笠松競馬で馬が走る演習

所属騎手らの馬券不正購入事件で自粛していた笠松競馬(岐阜県笠松町)のレースが9月8日に再開することを受け、県地方競馬組合は11日、本番さながらに馬が走る演習を行った。実戦から離れていた馬のコンディションや、公正確保を徹底した関係者の動きを確認した。

演習は騎手や調教師らが参加、客は入場できない。8月13日まで行い、様子をインターネット配信する予定。不正防止のため、騎手が寝泊まりする施設や、馬体検査などを行う装鞍所の監視強化についても検証する。組合は、演習終了後、レースを再開できるかどうか最終決定する。

利用者の口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました